専門ショップのすすめ

ダイヤモンド買取のきっかけってありそうでなかなかないものですよね。

タンスに眠るダイヤモンドは、思い切って買取ショップで売ってみてはいかがでしょうか?

買取ショップで得たお金は、新しいダイヤモンド、もしくは以前から欲しかった貴金属などを購入する際の一部金にもなります。

ダイヤモンドを売る際は、できればですが、ダイヤモンドを専門に扱う買取ショップを選びましょう。

ルビーやエメラルド、ゴールドにシルバーなど、貴金属には様々な種類がありますが、

ダイヤモンドは他の貴金属に比べ、市場への流通が多く、

古いものから新しいもの、また、世界的ブランドが販売しているもの、ブランドでないものなど、ありとあらゆる品質のダイヤモンドが流通しております。

だからこそ、実績のある確かな目をもった鑑定が必要になるのです。

では、買取ショップに査定を依頼する時に持参するものについてですが、

まず、ダイヤモンドと、そのダイヤモンドが入っていた箱、保証書など、購入した時と同じ状態を再現しましょう。

因みに、保証書、箱は無くても問題ありません。

ですが、査定額が低くなる恐れがあることは理解しておきましょう。

続いて、絶対に忘れてはならないのが、あなたの身分証明書になります。

身分証明書といえば、運転免許証や社会保険証、パスポート、住基カードなどがあります。

身分証明書を提示する理由は、身分・身元がはっきりしないお客さまからの買取ができないという法律があり、

ショップはその法律をきちんと守った上で営業されているからです。

あなたは、どこから持ち込まれたか分からないダイヤモンドを購入できますか?

ほとんどの方が、NOではないでしょうか?

安心して取引を行うためにも、身分証明書を提示する必要があるのです。